You are here: Home 鉄道 RTSS ダウンロード 2.6.2 前バージョンからの変更点

前バージョンからの変更点

バージョン 2.6.1 からの変更点。

2.6.2a1 (非リリース版) での変更点

機能拡張 (2点)

  1. 抵抗制御(加速および界磁制御による電力回生ブレーキ)の模擬ができるようにした。
  2. 電車線電圧により充放電電流を制御する車載エネルギー蓄積装置モデル OBESS_Voltage_Controlled クラスを追加した。

プログラム修正・バグ修正 (2点)

  1. 一部のファイルで StrPrintf クラスの使用を抑制した。
  2. rf_ffile.cc において,N ファイルのサイクルタイムをチェックしている部分のエラーメッセージを修正した。

2.6.2a2 (非リリース版) での変更点

機能拡張 (1点)

  1. バージョン番号を -o -v というコマンド行引数を与えることで表示できるようにした。

プログラム修正・バグ修正 (5点)

  1. OBESS_Voltage_Controlled クラスの初期化時のバグを修正した。
  2. EnergyStorage.cc において,配列範囲外のメモリを参照するバグを修正した。
  3. StrPrintf クラスの使用をやめ,StrPrintf.hh ファイルを削除した。
  4. GCC 4.5.0 に対応するための修正を行った。
  5. コンパイル時に,オブジェクトコードが書き込まれるディレクトリの名前を変更した。

2.6.2a3 (非リリース版) での変更点

機能拡張 (1点)

  1. XML G ファイルが利用可能となった。

プログラム修正・バグ修正 (4点)

  1. GCC 4.5.0 において,-Wall で警告が出ないよう修正を行った。
  2. OBESS_Voltage_Controlled.cc において,配列範囲外のメモリを参照するバグを修正した。
  3. 抵抗制御モデルにおいて,回生ブレーキ時の電流の計算値にあった誤りを修正した。
  4. 標準の Makefile では,コンパイル時オプション -DSJIS_ICONV を指定しないこととした。

2.6.2a4 (非リリース版) での変更点

機能拡張 (1点)

  1. XML G ファイルにおいて,<gradient> タグ,<curvature> タグ,<speed_restriction> タグのいずれについても,ref 属性を利用して他のデータセットのデータをコピーできるようにした。

2.6.2 での変更点

ドキュメント修正 (1点)

  1. デフォルトでは GNU libiconv ライブラリを使用しないことになったため,ライセンス関係の文書を修正した。
« September 2020 »
September
SuMoTuWeThFrSa
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930