RTざんまい
 
お写真 | 鉄道ざんまい | 橋梁ざんまい | 種蒔き
現在の場所 :
検索ページ
English
 
検索実行: 2024. 4. 25.

現在の検索式

  • (13)
  • 表示順: ページ公開日.
  • 記事の種類: 通常文書, リソースDB, お写真DB.

検索結果


  • 東京の中央線、工事ミスで8時間不通に
    [リソース 325] 中央線トラブル できない約束した罪深さ, 毎日新聞社説 30/9/03
    (ページ公開 2003. 10. 1, 最終更新 2003. 10. 4)
  • 関東の鉄道・バス、共通ICカード導入へ
    [リソース 288] 1枚のICカード乗車券で関東圏の鉄道・バスをもっと便利に, JR東日本プレスリリース 28/7/03
    (ページ公開 2003. 7. 31)
  • 「はやて」のアクティブ・サスペンション
    [リソース 156] 「ひと」由川透さん=世界初の技術を結集、「はやて」の開発者 Mainichi Interactive 28/11/02
    (ページ公開 2002. 12. 5)
  • Suicaでまた運賃過徴収
    [リソース 114] 新宿駅東南口改札機故障によるSuica定期券からの誤収受について, JR東日本 28/10/02
    (ページ公開 2002. 10. 30, 最終更新 2002. 11. 8)
  • Suica で料金過徴収
    [リソース 101] Suicaをご利用のお客さまへ, JR東日本ウェブページ 18/10/02
    (ページ公開 2002. 10. 19)
  • JR東、グリーン料金値下げ
    [リソース 83] JR東日本: 新幹線と特急のグリーン料金、最大49%値下げへ, Mainichi Interactive 8/10/02
    (ページ公開 2002. 10. 9)
  • 12月ダイヤ改正「スーパー白鳥」登場ほか
    [リソース 33] 平成14年12月ダイヤ改正について, JR北海道プレス・リリース 20/9/02
    (ページ公開 2002. 9. 25)
  • 非接触ICカードと携帯電話
    [リソース 28] 携帯+非接触IC=?, ZDNet モバイル 18/9/02
    (ページ公開 2002. 9. 24)
  • クレジットカードつき非接触ICカード乗車券
    [リソース 8] JR東日本、「スイカ」とクレジットカードを一体化, NIKKEI NET, 6/9/02
    (ページ公開 2002. 9. 6, 最終更新 2002. 9. 10)
  • JR総武線 神田川橋梁と中央線乗越部
    [お写真 162] 撮影日: 1999. 2. 13
    (ページ公開 2001. 4. 22, 最終更新 2003. 2. 1)
  • JR総武線 松住町架道橋
    [お写真 161] 撮影日: 1999. 2. 13
    (ページ公開 2001. 4. 22, 最終更新 2003. 2. 1)
  • 総武線隅田川橋梁……水上バスと
    [お写真 154] 撮影日: 2001. 1. 13
    (ページ公開 2001. 4. 22, 最終更新 2002. 12. 3)
  • 総武線隅田川橋梁……「黄色い電車」と
    [お写真 153] 撮影日: 2001. 1. 13
    (ページ公開 2001. 4. 22, 最終更新 2002. 12. 3)
  • 総武線隅田川橋梁   (橋梁訪問記)
    JR東日本・総武線の御茶ノ水〜両国間は、 1931年に建設着手、1932年に完成しています。 1923年、15万人近い死亡者を出した関東地震の復興の一環として作られたこの区間には、 当時の最新技術が惜しみなく投入されています。 隅田川橋梁を含め、 御茶ノ水駅などの見どころを眺めながら、 いろいろなことを考えました。
    (ページ公開 2001. 4. 22, 最終更新 2003. 2. 10)
  • JR総武線 両国駅
    [お写真 138] 撮影日: 2001. 1. 13
    (ページ公開 2001. 4. 22, 最終更新 2002. 11. 24)
  • 御茶ノ水駅の配線略図
    [お写真 122] 作成日: 2001. 4. 22
    (ページ公開 2001. 4. 22, 最終更新 2002. 11. 24)
  • 総武線隅田川橋梁
    [お写真 121] 撮影日: 2001. 1. 13
    (ページ公開 2001. 2. 10, 最終更新 2002. 11. 5)
  • 揺らぐ日本の技術的優位   (ざんまい巻頭言 その7)
    日本の「技術的優位」はすでに揺らいでいる。 楽観的な見通しを語るのは、無責任だ。
    (ページ公開 1999. 10. 11, 最終更新 2002. 10. 3)
  • 南木曽の桃介橋、方広寺の羅漢橋、木曽の桟   (橋梁訪問記)
    浜松の方広寺、南木曽の桃介橋、そして木曽の桟をめぐるドライブをしました。 福沢桃介の「勉強の成果」、 桃介橋を中心に紹介します。
    (ページ公開 1999. 9. 15, 最終更新 2003. 3. 16)
  • 江ヶ崎跨線道路橋   (橋梁訪問記)
    ヤードの廃止で広々した空き地が残る、 新鶴見操車場跡にかかるもと鉄道橋です。
    (ページ公開 1999. 4. 25, 最終更新 2003. 2. 10)

画像に著作権表示の文字列がでる場合、 こちらをクリック。
高木 亮 webmaster@takagi-ryo.ac
(c) R. Takagi 2002 - 2024. All rights reserved.